炎症性色素沈着の特徴と消すための対策

炎症性色素沈着ここでは炎症性色素沈着の特徴とそのしみを消す対策方法をご紹介します。

シミには様々な種類がありますが、「炎症性色素沈着」とはニキビや肌荒れからシミへと変化してしまったもののことです。

他のシミとは違い、傷に近い症状が多いです。炎症や外傷が起こった形でシミとなって残るため、形はさまざま。色は褐色~黒褐色で、形状や色は炎症の度合いによって異なります。

炎症性色素沈着ができてしまった原因は?

多くのシミの場合、原因に必ず紫外線がからんでくるのですが、炎症性色素沈着は主に、かぶれ、傷、ニキビが原因となります。炎症性色素沈着は「一時性」と「慢性」にわかれますので、まずはどちらかを見分けなければなりません。

一時性の場合は、火傷や外傷による傷が完治したときに色素が沈着している場合。こちらは放置していてもすぐに消えます。慢性の場合は、アトピー性皮膚炎、かぶれ、ニキビなどが慢性的にできてしまい、その部位に徐々に色素沈着していき、消えないシミとなってしまっている場合です。

皮膚の刺激などでもできてしまうため、敏感肌の方はコットンの使用でも炎症性色素沈着に発展しかねません。肌のターンオーバーが正常であればシミになっても徐々に消えていくのですが、ターンオーバーが滞っている方は自ら促してあげる必要があります。

通常は皮膚のターンオーバーによってメラニン色素が排出されもとの肌色に戻りますが、紫外線対策を怠り慢性的に浴びつづけた場合や、ターンオーバーが部分的に滞ったりすることでメラニンが過剰につくられて沈着してしまい、これが老人性色素斑となります。

もしかして炎症性色素沈着かも!?セルフチェックをしてみよう!

見た目は、一般的なシミと同じでも、実は慢性的な炎症からできてしまっているシミかもしれません。
ケア方法が異なりますから、まずは炎症性色素沈着かどうかをセルフチェックしてみましょう!

チェックポイント気になるシミがある部分はニキビができやすい

チェックポイント気になるシミがある部分はアトピーがでやすい

チェックポイントちょっとした刺激で肌がかぶれやすい

チェックポイント化粧品が合わずよく肌荒れを起こす

チェックポイント季節の変わり目に肌荒れを起こす

チェックポイント毛抜きをよく使用する部分にシミができた

チェックポイント脱毛した部分にシミができた

チェックポイント傷跡にシミができた

チェックポイント背中にシミができた

チェックポイント腕や脚の、普段は服で隠れている部分にシミができた

上記項目に少しでも当てはまる場合は、炎症性色素沈着の可能性が高いです。肌がかぶれやすい方、よく肌荒れを起こす方は今はなくても今後できる可能性があるので予防をしておきましょう。

炎症性色素沈着におすすめ!ダーマサイエンス「DPローションテクノホワイト」

炎症性色素沈着を消す方法とは

ケミカルピーリングでしみ対策炎症性色素沈着は、放っておいても消えていくことがありますが、すぐに目立たなくしたい場合には、ケミカルピーリングをしてターンオーバーを促進しましょう。

ただし、炎症性色素沈着が出ているということはお肌がデリケートになっているという証拠。ピーリング剤を使用しても良いのですが、必ず腕などで試してから実施するようにしてください。

自分に合わないスキンケア方法が一番お肌の調子を悪化させてしまいますから、自分に合わないと思ったらすぐに使用を中止しましょう。

また、日焼けでシミが悪化する場合もありますので、紫外線対策は行っておくべきです。

炎症性色素沈着は化粧品で消える!?

炎症性色素沈着は、治療に行かずとも美白化粧品で消しやすいシミです。

治療をするまでもなく、美白成分フラーレンやハイドロキノンをはじめとする美白成分が含まれている美白化粧品であれば、治療に行くのと同じペースで美白が叶うかもしれません!病院に行く前に、まずは化粧品を試してみましょう!

おすすめの美白化粧品はこちら

このページの先頭へ